IT販促支援契約とは

月極めの顧問料を支払うことで、販売促進やITに関する専門的なアドバイスを受けて経営に活用することを目的に締結される契約のことをいいます。

中小企業の場合、自社に適したITに強い人材が社内にいないことが多く、ITを有効活用すればと考えていても専任のIT担当者を正社員として設けることができないことも少なくありません。

経営者の右腕となるIT担当者(IT顧問)として、社内IT活用に向けたアドバイスと導入活用、Webマーケティング視点からの販売促進と売上アップ支援まで、企業の売上利益増に向けて、ITとアナログ手法を活用しながら目標達成にアクセスしてゆきます。

【具体的なサポート内容】

■IT部門運営支援
・IT活用による中長期計画策定支援
・ITシステムの導入支援(調査、検討、プロジェクトマネジメント 等)
・ITに関する各種助成金の申請支援など(小規模事業者持続化補助金の申請・IT導入補助金の申請)

■プロジェクトマネジメントの設置・運営
・目標達成計画づくりの支援
・定例会、検討会等参画(ファシリテーション、助言 等)
など
■自社サイトのリニュアル・更新の支援

 

顧問契約のメリット

簡単な相談であれば、顧問料の範囲内で随時ご相談いただけます。

  • 電話、メール、面談による販売促進相談
  • ※訪問支援の場合、月一回4時間程度対応可能です。(月次顧問料に含まれます)
  • ホームページの運営や保守管理に関する相談
  • ZOOMやスカイプなどのWEB会議ソフトを使った経営支援に関する相談

顧問契約料

  • 法人のお客様:月額3万円~(※社員5名様以上の中小企業)
  • 個人事業主のお客様:月額1万円~

※全て消費税抜の金額を表示しています。